初心者にオススメ!タティングレースを100均一で始める方法!

スポンサーリンク







こんにちは!ともこです!

タティングレースってご存知ですか?

ハンドメイド好きなら一度は耳にしたことがあると思います!

レース糸とタティングシャトルがあればできる!と巷で噂のアレです笑

ですが、なかなか取り掛かりづらいという方もいると思います!

  • シャトルってなんやねん
  • レース糸はどれ使ったらいいの?

なんて疑問もあると思います!

そんな方のために100円均一で揃う道具でタティングレースを始める方法をご紹介したいと思います!

「初心者にオススメ!タティングレースを100均一で始める方法!」として早速みてみましょう!!

スポンサーリンク







道具

道具は先ほどもお伝えした通り、

  • シャトル
  • レース糸

があればできます!

実はこれらも100円ショップで揃うんです!

2年前に流行ったときにはすでにダイソーさんから販売されていました!!

ですが…

やはり経験者としてはやりづらいのです。

ということで、

ほかに揃えるといいよ!というものをご紹介します!

かぎ針4号

こちらは編み物コーナーにも売っているもので、わかりやすいと思います。

通常の編み物の4号かぎ針です。

レース用のかぎ針だと細すぎるので、4号のかぎ針がやりやすいです!

なにに使うかというと、モチーフ同士を繋げるのにピコと呼ばれる飾りを使うのですが

ピコ同士を繋げるのに使います!

なくてもできるのですが、あったほうが断然やりやすいので、こちらも準備しておくといいでしょう!

刺繍針

こちらは糸の後処理をするために使います。

組み終わったら糸を入れ込むのですが、そのために使います!

実際に使うのは針先が丸くなっているので、

ヤスリで削ってから使うとより使いやすいです!

手芸用ボンド

こちらはどこの100円ショップに置いてありますね!

最悪木工用ボンドを使っても大丈夫ですが、硬くなりやすいので、

柔らかさをキープしたいのであれば手芸用ボンドを手に入れましょう!

シャトルがない場合

万が一シャトルが売ってなかった場合でも、実は他のものでも代用ができます。

それは

洗濯バサミ

です!!

少し使いづらさはありますが、専用のシャトルを買うほどでもないし・・・という方におすすめです!

細い糸(20号)だとやりずらいですが、

40号のレース糸や毛糸でタティングをするなら洗濯バサミを使ってもいいです!

こちらのサイト様にやり方が紹介されているので、見てみてくださいね!

最後に

「初心者にオススメ!タティングレースを100均一で始める方法!」として紹介してきました!

試しにやってみるだけなら、わざわざ専用のものを買い揃えなくてもできます!

100円ショップでも始められるので、本格的に始める前にやりたいという方は是非やってみてくださいね!

無料のモチーフパターンも検索すると出てくるのでやってみてくださいね!

「初心者にオススメ!タティングレースを100均一で始める方法!」を最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする